甲虫三昧

虫自体がボ~と ・・・ハルニレノキクイムシ

ケヤキの樹皮下で見かけるハルニレノキクイムシ。今年はなぜか沢山見ます。個体数がじんわり増えているのでしょうか。無地一色の種が多い中、斑紋ありのキクイムシは珍しい部類かもしれません。本種は保育社の甲虫図鑑にも載っていますが、記載の標本写真は斑紋がちゃんと表現されていないので、当初は同定出来ず、虫仲間さんからのお助けメールで種が判明したという曰くつきのキクイムシ。図鑑によれば本種は一属一種だそうです。

いずれも寝ぼけ写真ですいません、ハロルドヒメコクヌスト同様、どう撮ってもボ~としちゃうんですよね、この虫。カメラの性能というより、虫自体がボ~としているんじゃないかと、実は疑っています。な訳ないか・・・。

1-DSC_0651wtn(Ku).jpg

DSC_0140wdn(Oy).jpg

DSC_0169wdn(Oy).jpgハルニレノキクイムシ ‘16~17 冬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/03/11(土) 22:28:44|
  2. キクイムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<樹幹を歩く・・・コモンヒメヒゲナガゾウムシ | ホーム | なるほど小さい ・・・ベニモンツヤミジンムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1730-5c585187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)