甲虫三昧

ピンが合わせやすい? ・・・キイロクビナガハムシ

ヤマノイモなどをホストとするキイロクビナガハムシ。点刻が強烈で、だからかどうか知りませんが、ピンが合わせやすく、安心してシャッターの切れるハムシの一つです。もちろん私個人の感想ですけど・・・。

撮影中に飛んでしまいましたが、Uターンして近くの下草へ舞い戻ってきたキイロクビナガハムシ。一頭で二度楽しめる?ハムシです。

DSC_0620wdn(I).jpg

DSC_0631wtn(I).jpg
キイロクビナガハムシ ‘17.5月初旬 神奈川県川崎市

この後、雷雨に遭遇。ゴロゴロゴロという雷鳴に追い立てられ、保存展示車両のスハフ42の車内へ逃げ込んだ熟年虫好き。久しぶりのモケット張りクロスシートで、撮影画像をチェックするのでした。右手奥にはD51408が静態保存されています。実を言うと私、ほぼほぼ引退鉄チャンで、S40前半くらいからSLを追いかけ全国行脚をしておりました。写真のD51408は、晩年新鶴見に配属されていたカマで、私のネガには現役時代の本機が写っているはずです。え~、余談でした。
DSC_0776wkn(I).jpgD51 408 スハフ42の車内より 



スポンサーサイト
  1. 2017/05/21(日) 20:37:10|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤色つながり ・・・ベニカミキリ | ホーム | 雌雄そろい踏み ・・・シロヒゲナガゾウムシ♂♀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1791-a2473396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)