甲虫三昧

ゾウムシオマトメ

「甲虫三昧」にしては珍しく、後がつかえていますので、オマトメスタイルでゾウムシを少々・・・。

撮影順に並んでいます。

ご近所の畑に今年はほとんど湧かなかったダイコンサルゾウムシ。そんなシーズンはフェンス上の本種が登場します。

1-DSC_0316wdn(Ku).jpgダイコンサルゾウムシ ‘17.4月中旬 東京都町田市

河川敷の下草にアカイネゾウモドキ。しかし不思議です。越冬甲虫探しでイネゾウモドキを何頭もUPしましたが、その中にアカイネゾウモドキと思われるゾウムシが一頭も含まれていないんですから。でもこうしてシーズンが始まると、ちゃんとアカイネゾウモドキが現れるんですよね。一体どういうことになっておるのでしょうか。アカイネだけは越冬しないとか、あるいはまったく違う場所で冬を越すとか、何とも不可解なアカイネゾウモドキの生態です。
2-DSC_0514wdn(I).jpgアカイネゾウモドキ ‘17.5月上旬 東京都狛江市

関東地方中心に生息していると言われるケブカホソカタゾウムシ。その後の分布域はどうなっているのでしょう。ちょっと気になります。
3-DSC_0448wdn(On).jpgケブカホソカタゾウムシ ‘17.5月上旬 東京都町田市

ヒノキなどの針葉樹をホストとするヒゲボソゾウムシの一種。いる場所はわかっているのに、目視では見つけられないこの体たらく。でもって伝家の宝刀ビーティングで落としたヒラズネヒゲボソゾウムシです。
4-DSC_0566wdn(On).jpgヒラズネヒゲボソゾウムシ ‘17.5月上旬 東京都町田市

クワにいたのでクワヒメゾウムシに間違いないと思います。クワにいればクワヒメ、ヨモギにいればエゾヒメ、カナムグラにいればカナムグラヒメ・・・。大きさの違いはあってもヒメゾウムシの仲間はほぼ黒一色、雰囲気はみなよく似ています。ホスト以外で見ると同定に苦労しますね。
5-DSC_0370wdn(On).jpgクワヒメゾウムシ ‘17.5月上旬 東京都町田市

栗林を歩いていたシロコブゾウムシ。このゾウムシを見るとどうしてもあの世界最大のネズミ、カピバラを思い出してしまいます。同行者にその話をすると「あ~、だね」と言っていましたから、やっぱり似ているんだろうなぁと思います。コメントがいつも同じでつまんないですね。反省。
6-DSC_0561wdn(Ku).jpgシロコブゾウムシ ‘17.5月上旬 東京都町田市

色が淡いのでひょっとしてクワヒョウタン、なんて一瞬思ったりもしましたが、上翅の間室の隆起が弱いので、単に体色の薄いサビヒョウタンで決着のようです。
7-DSC_0892wdn(Ku).jpgサビヒョウタンゾウムシ ‘17.5月上旬 東京都町田市

好きなサルゾウムシがまたまた登場です。この体色は間違いようもなくアオバネサルゾウムシです。
8-DSC_0914wdn(Ku).jpgアオバネサルゾウムシ ‘17.5月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/06/14(水) 18:14:41|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大物 ・・・ハラグロオオテントウ | ホーム | まじめに探す ・・・カタモンコガネ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1813-23c967b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)