FC2ブログ

甲虫三昧

久々の人吉 初日編

もう一か月も前の話で恐縮ですが、5月の上旬にカミさんの田舎へご機嫌伺いに行ってきました。場所は熊本県の人吉市。三大急流の一つ、球磨川沿いに発展した城下町です。主目的は無論ご機嫌伺いですが、行ったからには地元の虫を撮らずして「甲虫三昧」の管理人とは言えません。という訳で久々の人吉甲虫を、ダラダラとUPしようという企画です。お付き合いいただければ幸いです。

人吉と言ってもアシが自分の2本の足だけなので、回った先は球磨川の中州と、人吉城址のみ。内容は押して知るべしです。

イレギュラーですが一発目は鹿児島空港です。バスの待ち時間を利用して、九州自動車沿いの、ほとんど人の往来のない側道で虫探しです。ジャンルに関係なく、撮影順にUPします。

「甲虫三昧」と言いながら、のっけからチョウチョです。ここではモンシロチョウやツマグロヒョウモンと同じくらいの普通種、イシガケチョウです。昆虫採集に明け暮れていた幼少の頃は、イシガキチョウと言っていましたが、いまは「イシガケ」なんですね。網目模様が「石垣」に似ているからついた和名と信じていましたが、そうじゃないんですかねぇ。なんでわざわざ「イシガケ」と言い直したのでしょうか。よくわかりません。そのへんのカラクリをご存知の方がいらっしゃったら、是非ご教示下さいませ。

1-DSC_0011wdn.jpg

2-DSC_0392wdn(H).jpgイシガケチョウ

小さ過ぎてなんだかよくわかりませんが、多分イヌビワシギゾウムシ。ここら辺りではイヌビワに普通にみられるシギゾウですが、東京では未見です。大きさ、背中の斑紋はエノキにつくヤノシギに似ています。
3-DSC_0017wdn.jpg

せいぜい寄ってみましたが、葉の上ではどうにもなりません。脚立は持ち歩きませんしね。
4-DSC_0029wd.jpgイヌビワシギゾウムシ

東京ではたまにしか会えませんが、ここには沢山います。
5-DSC_0076wdn.jpgアカバネツヤクチキムシ

これは多分、ヒメケブカチョッキリ。多摩川河川敷でもお馴染みのチョッキリです。そばにホストとなるようなバラ科の植物は、なかったように思うんですけどねぇ。
6-DSC_0191wdn.jpgヒメケブカチョッキリ

30分の虫探しで、このゾウムシは当たりでした。ヒメゾウムシの中では一番大きい種と思います。図鑑にホストの記載はありませんが、とある虫サイトで、マユミにつく本種の写真があったので見比べてみるとビンゴ。確信はありませんが、きっとこの植物に依存しているのでしょう。そんな気がします。
DSC_0139wdn.jpgサメハダヒメゾウムシ ‘18 初夏/霧島市溝辺町

鹿児島空港編はこれでおしまい。このあと人吉編に続きます。



スポンサーサイト
  1. 2018/06/07(木) 20:10:07|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々の人吉 二日目 | ホーム | 手を打つ ・・・コマルガタゴミムシ+2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/2160-2a0a8ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)