FC2ブログ

甲虫三昧

拍子抜け ・・・サメハダヒメゾウムシ+2

先日、鹿児島空港近くで久しぶりに再会したサメハダヒメゾウムシ。私にとってはレアなゾウムシというイメージがあったのですが、ところがどっこい、ネットを検索してみると想像以上にヒットするので、実は拍子抜けしています。結論から言えば、ホストのマユミ(多分)があれば、割合簡単に見つかるゾウムシであることが分かった由。力が抜けてしまいましたですよ。いや、ホンマ。
DSC_0656wdn.jpg

DSC_0724wdn.jpgサメハダヒメゾウムシ ‘18 初夏/町田市

今年も健在ですねぇ。数は多くありませんが、発生時期になると必ず数頭は目に入ります。本種のホストは広汎で、ブナ科のコナラ、クヌギ、ミズナラ、ヤナギ科のヤナギ類、ニレ科のケヤキやエノキ、バラ科のサクラ類などの広葉樹のほか、タデ科のイタドリにもつくといいます。ここら辺りではクワで見ることが多いので、クワもホストの一員かもしれませんね。
1-DSC_1092wkn(Ku).jpg

DSC_1017wdn(Ku).jpgオオアオゾウムシ ‘18 初夏/町田市

撮影済みのゾウムシとはいえ、なにもこんな所に逃げ込まなくてもいいじゃないですか。背中に若干のてかりを持つ微小サルゾウムシ。ホストはアブラナ科ですが、昨今わさびを食害するということで、わさび田の持ち主を震撼とさせているようです。ところで、わさび田で見つけた本種を、生食したらわさびの味がするのでしょうか。このところ昆虫食がちょっとしたブームみたいなので、そんな機会があればと思いますが、生食するほどの愛はないので、それはNGですな。
DSC_0962wdn(Ku).jpgミドリサルゾウムシ ‘18 初夏/町田市



スポンサーサイト
  1. 2018/06/13(水) 18:10:10|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<対なんです ・・・ハッカとヨモギ | ホーム | 困っております ・・・ズグロキハムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/2166-0cd2e70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)