FC2ブログ

甲虫三昧

ゾウムシをダラダラと ・・・ゾウムシ7種

カシワをUPしたついでに、他のゾウムシもダラダラとUPしておきましょ。

シーズンに入ると被写体になるアカイネゾウモドキ。似た種が多い中、ここまで赤ければ間違えようがないですよね。何度も言うようですが、越冬時期には一度たりとも見ないアカイネが、シーズンに入ると現れるって、どういうことでしょう。他のイネゾウモドキは成虫越冬しますが、本種だけはしないのでしょうかねぇ、あ~、不思議。だれか教えてくれませんかぁ。

DSC_0661wdn(I).jpgアカイネゾウモドキ ‘18 春/狛江市

バックがフェンスの手すりで、まったくの愛想なしですが、折角撮ったし、いてくれたし、ということでこのゾウムシもつつがなくUPの運びとなりました。
DSC_0265wdn(Ku)_20180621201238460.jpgホホジロアシナガゾウムシ ‘18 春/町田市

ホント、かわいそうなくらい誰も撮らないオジロアシナガゾウムシ。パンダ似のゾウムシですが、シャンシャンの一億分の一も認知されていないでしょう。シャンシャンのケージの横に、こんな虫もいますよ、と写真入りで宣伝すれば、少しは認知度が上がるかもしれませんね。
DSC_0491wdn(Kt).jpgオジロアシナガゾウムシ ‘18 春/世田谷区

この錆が浮いたような地味なゾウムシ(ゾウムシは往々にして地味)も、見る機会が随分増えました。ホストは、ニンジン、ゴボウ、スイカ、落花生、タバコなどなど。畑の作物総なめと言った内容では、農家に嫌われるのも当然でしょう。個体数は多く、ここらあたりでは超普通種となりました。
DSC_0117wdn(Kt).jpg

DSC_0433wdn(On).jpgサビヒョウタンゾウムシ ‘18 春/世田谷区・町田市

クズ、ハギ、フジなど、マメ科の植物に寄生する大型のゾウムシ。上翅後方の一対のコブが和名の由来でやんす。ってどこのサイトでもコメントしている内容を、受け売りしてどこが面白いんでしょう。少しは独自性を出さんばね。
DSC_0294wdn(Ku).jpgシロコブゾウムシ ‘18 初夏/町田市

ウド、タラ、ヤツデ(いずれもウコギ科)などをホストとする前者と近縁のゾウムシ。最初の一枚はヤツデ。二枚目は国分寺崖線のアイビー(ヘデラ)にいた個体。最近マンションなどの植栽として、アイビーを利用するところが増えたような気がしますが、そんなところにも繁殖の場を広げつつあるヒメシロコブではあるようです。因みにアイビーもウコギ科です。
1-DSC_0197wdn(Tu).jpg

DSC_0105wdn(S).jpgヒメシロコブゾウムシ ‘18 初夏/町田市・世田谷区

先般、「久々の人吉」でも取り上げたフタキボシゾウムシ。そのゾウムシが、人吉の時とほとんど変わらぬシチュエーションで、今度は多摩川の河川敷で再会です。本種のホストはヤナギ。しかしこの時はどちらもススキにいました。人吉と東京という1000km以上離れた場所で、ほぼいっしょのシチュエーションで再会するって、どのくらいの確率なのでしょう。そこはかとなく縁を感じてしまう虫撮りジジイです。
1-DSC_0890wdn(I).jpg

DSC_0863wdn(I).jpgフタキボシゾウムシ ‘18 初夏/狛江市



スポンサーサイト
  1. 2018/06/21(木) 20:54:47|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野川のハムシ続編 ・・・5月分 | ホーム | ダラダラと ・・・カシワクチブトゾウムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/2173-81fdf629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)