FC2ブログ

甲虫三昧

虫の点景写真その5

昨年より7日、例年より22日も早い梅雨明けとなった関東、甲信地方。6月の梅雨明けってマジあり得ないでしょう。連日30℃超えのフィールドに出る元気もなく、溜まりにたまった虫画像の整理も追いつかず、PCを立ち上げてもすぐ眠くなり、そうこうしているうちに夜が来て・・・。

梅雨明け後毎日こんな感じで、年寄りには辛い日本の夏です。とまぁ、こんな感じなので、取りあえず整理済みの点景写真で一服つけようと思います。

アカツメクサには甲虫類もよく吸蜜に訪れます。

1-DSC_1172wdn(I).jpgクロボシツツハムシ 春

拙ブログではたびたび登場するアオバネサルゾウムシ。色気の少ないサルゾウムシの中では、数少ない色の持ち主と言えるかもです。
2-DSC_1002wkn(Ku)_20180702231320f9e.jpgアオバネサルゾウムシ 春

こんなところにいるとバラルリツツも、ちょっと新鮮に見えます。
3-DSC_0450wtn(Kt).jpg
バラルリツツハムシ 春

クワの葉上にトゲヒゲトラ。
4-DSC_0383wdn(Ku).jpgトゲヒゲトラカミキリ 春

地元の住人が管理している小さな小さな緑地でヒメヒゲナガカミキリ。どうせなら、タケトラくらいいて欲しいものです。もう、10年見ていませんよ、私。
5-DSC_0368wdn(Tu).jpgヒメヒゲナガカミキリ 初夏 

谷戸路のススキにシロテンハナムグリ。その昔、百日紅の赤い花に、押し合いへし合いしていたこのハナムグリを思い出します。そんな光景、ここしばらく見ていません。
6-DSC_0041wkn(Ku).jpgシロテンハナムグリ 初夏

ヨモギにアオバネサルハムシ。以上。
7-DSC_0426wdn(I).jpgアオバネサルハムシ 初夏

春によく見るコメツキの一種。よく見る割には正体が今一つはっきりしません。というか、まじめに調べようという気持ちが湧かないんですよね。コメツキだから。あ~、困ったもんだ。
8-DSC_0761wdn(Kt).jpgコメツキムシの一種 初夏

いろいろな場所でよく見るクワハムシ。和名のクワ以外にも、ホストが沢山ありますもんね。ルリマルノミハムシ同様、虫撮影の練習台になってくれるハムシでもあります。
9-DSC_0359wkn(Ku).jpgクワハムシ 初夏

シロテンハナムグリと同じ谷戸路でクシコメツキの一種。この子もよく見ますが、正確な種名が未だに把握出来ていません。
10-DSC_0069wkn(Ku).jpgクシコメツキの一種

和名の由来はサツマイモを食害することから来ていますが、MFではほとんどヒルガオです。サツマイモを栽培している農家は、MFにはほとんどいらっしゃらないようで・・・。
DSC_0043wkn(Kt).jpgイモサルハムシ 初夏

写っていればいいってもんじゃないと思いますが、これもまた虫写真には違いありません。
DSC_1002wkn(On).jpgエグリトラカミキリ 初夏



スポンサーサイト
  1. 2018/07/02(月) 23:26:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<口が裂けても ・・・アオカミキリモドキ | ホーム | 出せるうちに ・・・ハギキノコゴミムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/2190-91777806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)