FC2ブログ

甲虫三昧

ゾウムシばかりの檜原村 その6

今回はソウムシ以外の甲虫です。

オオトラフコガネからオオトラフハナムグリになったのはいつ頃のことなのでしょう。もともとハナムグリ亜科に属する虫なので、コガネとされていた時の方が不自然だったのかもしれませんが。雌雄で体色に差があり、どちらかというと見る機会の少ないメスの方が個人的には好きかもです。

1-DSC_0795wdn(Hn).jpg

DSC_0797wdn(Hn).jpgオオトラフハナムグリ

丘陵地や山地のシダ類でよく見るコメツキモドキの仲間。体表の強い光沢は、光り物に弱いデジカメの泣き所。10枚以上撮って、何となくピンが合った写真はこの一枚のみですから、どうしたらよかんべさぁー、であります。まさか、私のカメラだけってことはないでしょうね。

コメツキモドキ科は、単子葉類やシダ植物をホストにする種が多いようです。道理で登山道のシダに、5~6頭まとまっていたわけです。その写真はありませんけど・・・。

1-DSC_0981wdn(Hn).jpgクロアシコメツキモドキ

ニホンベニコメツキとミヤマベニコメツキの区別は、胸の形状で判断するのが一般的です。ベニは縦溝、ミヤマは十字状の溝なので区別は簡単ですが、写真がヘボなので、溝の形がよくわかりません。見た目の印象では縦だけのような気がしますので、ここは一つ、ニホンベニコメツキで手を打とうと思います。
2-DSC_0765wkn(Hn).jpgニホンベニコメツキ?

人気がある虫とは言えませんが、私、この虫好きです。生息地へ来たら一回は見ないと落ちつきません。
3-DSC_0395wdn(Hn).jpg

4-DSC_0206wdn(Hn).jpgホソヒゲナガキマワリ ‘18 初夏/檜原村

この続きはまた明日。明日はまたゾウムシです。覚悟して下さいね。



スポンサーサイト
  1. 2018/07/09(月) 18:55:44|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゾウムシばかりの檜原村 その7 | ホーム | ゾウムシばかりの檜原村 その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/2198-4a9fbbb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)