甲虫三昧

ケヤキ樹皮下定番 ・・・ヒレルクチブトゾウムシ

流れはゾウムシなので、このままゾウムシネタを続けます。

ケヤキの樹皮をめくって、他の虫は出なくても、このゾウムシだけは間違いなく出る、というくらいの超定番種。同じ仲間のカシワクチブトと比べてもまったく遜色なく、双璧をなすくらいの個体数を誇ります。カシワがブナ、ナラ系をホストとするのに対して、ヒレルはウメ、サクラなどをホストとするため、都市部では断然こっちが多いようです。

樹皮をめくった途端、歩きはじめてしまった目覚めのいい個体

1-DSC_0992wdn(Ko).jpg

通常はこんな感じで、眠り呆けるんですけどね
2-DSC_0635wdn(Ko).jpg

DSC_0151wdn_20180112175532a02.jpgヒレルクチブトゾウムシ ‘17.12月 東京都世田谷区



  1. 2018/01/12(金) 17:58:21|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腑に落ちない ・・・ヤドリノミゾウムシ

一般的にアカアシノミゾウに比べ、ヤドリノミゾウの方が少ないことになっていますが、今冬はヤドリノミを見ることの方が多いのは何故なんでしょう。というよりアカアシノミゾウムシを見ないのは何故なの、と言った方が当たっているかもしれません。見るべき場所が違うんでしょうか。何か腑に落ちません。
DSC_0047wdn(Ku)_2018011120233834f.jpg

DSC_0593wtn(Ku).jpg
ヤドリノミゾウムシ ‘17.12月下旬 東京都町田市



  1. 2018/01/11(木) 20:26:09|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつもこうなら ・・・ヒメクチカクシゾウムシ

苦手なクチカクシがケヤキの樹皮下から出てきました。ですが、私が心底嫌うクチカクシ状態にはなっていません。いつもこんな風にゾウムシらしくしてくれていたら、毛嫌いすることもないんですけどね。くどいようですが、あのクチカクシスタイルはいただけません
DSC_0693wdn(Ku).jpgヒメクチカクシゾウムシ ‘17.12月下旬 東京都町田市



  1. 2018/01/10(水) 18:22:15|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月のゾウムシあれこれ

ハムシオマトメの前にちょっとゾウムシを・・・。

越冬直前の最後の野外活動でしょうか。この日は沢山のジュウジチビシギを見ました。しかし、よりによって、背中の白スジが剥げ落ちた個体を一生懸命撮っていたんですね、この私。撮っている時って、案外気づかないものですが、家に帰ってPCに放り込んで、あ゛~っ、てなことになる訳です。毎度のことですけど、後悔先に立たずです。

1-DSC_0013wdn(On).jpg

DSC_1029wdn.jpg

DSC_0986wdn.jpgジュウジチビシギゾウムシ ‘17.11月初旬 東京都町田市

久しぶりのクリイロクチブトゾウムシ。しかも11月の出会いは初めてかと。普通種扱いですが、見る機会はそう多くありません。「クリイロ」と種名にありますが、パッと見はグレーで、地味な印象はぬぐえません。
DSC_0041wdn(On).jpg

DSC_0050wdn.jpgクリイロクチブトゾウムシ ‘17.11月初旬 東京都町田市

いつもの用水路沿いのフェンスに、この日も沢山の虫が集っていました。何と言っても多いのがアルファルファタコゾウムシ。ざっと数えただけでも100匹はいます。そしてこのチビコフキゾウムシ。撮影地はかなりの頻度で訪れているので、虫たちの出現パターンも何となく把握出来ています。一週間前にはいなかったこのゾウムシが、ここ数日の間に急激に増えたという感じです。新成虫の羽化時期とタイミングが重なったのかもしれません。アルファルファタコほどではありませんが、結構な数を確認したこの日のチビコフキでした。
1-DSC_0974wtn(Ku).jpg

2-DSC_1151wdn(On).jpg

3-DSC_0951wdn(Ku).jpgチビコフキゾウムシ ‘17.11月上旬 東京都町田市

気がつくと、おっ、いた。なんて感じで現れてくれるカシアシナガゾウムシ。冬季は、ホストの小枝などにしがみついて冬を越しますが、拙サイトとしても、是非そんな写真を撮ってみたいなぁ、と考える今日この頃です。ホストはナラ類、カシ類、シイ類、それらの新梢に虫えいを作るそうです。
1-DSC_0222wdn(Ku).jpg

DSC_0215wdn(Ku)_2017121118215710b.jpgカシアシナガゾウムシ ‘17.11月初旬 東京都町田市



  1. 2017/12/11(月) 18:31:00|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単なる新鮮個体? ・・・ムネスジノミゾウムシ?

最初のワンカットが、私がイメージするムネスジノミゾウムシ。2枚目以降のノミゾウムシがちょっと?です。一見ムネスジに見えますが、シモフリ状に散らばった細かな白い毛が腑に落ちません。図鑑と首っ引きで正体を探りますが、私の鑑定眼では答えが出ません。さては図鑑には載っていない別種か、あるいは未記載種か、などと都合のいいことを考えましたが、待てよ、この子は別種でも未記載種でもなく、単なるムネスジノミゾウムシの新鮮個体ではあるまいかと。答えは多分そんなところだろうと思いますが、もちろん確信はなく、「だろう」くらいの曖昧鑑定ですから、?マークは外せません。答えを知っている方がいらっしゃったら是非ご一報を・・・。
1-DSC_0742nn(On).jpg

3-DSC_0583wdn.jpg

DSC_0565wdn(On).jpgムネスジノミゾウムシ? ‘17.11月初旬 東京都町田市
※シモフリが強いと印象が違いますね。



  1. 2017/12/09(土) 22:24:02|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ