甲虫三昧

今年は見る機会か多かった ・・・ヒメマキムシ

今年は見る機会が非常に多かったヒメマキムシ。まぁ、相手が小さすぎるということもあって、今まで単に目に入らなかっただけのような気もしますが、春と秋の2シーズン、よく出会った今年のヒメマキムシです。
DSC_0069wdn(On).jpg

DSC_0164wdn(On).jpgヒメマキムシ(ヒメマキムシ科) ‘17.11月中旬 東京都町田市



  1. 2017/12/27(水) 18:16:01|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朱などを差し ・・・アカスジナガムクゲキスイ

寒くなると目につくなぁ、と感じるアカスジナガムクゲキスイ。地味なりに上翅の縁に朱などを差し、色気を出しているところが私好みの微小甲虫です。体長は3mm前後。私見ですが、生態的には、コメツキモドキに準じているのかな、という印象です。
DSC_0546wdn(On).jpg

DSC_0566wdn(On).jpgアカスジナガムクゲキスイ(ムクゲキスイムシ科) ‘17.11月初旬 東京都町田市



  1. 2017/12/07(木) 18:13:55|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さわらぬ神に祟りなし ・・・マムシ

何か隠れていないかなと、ひっくり返した伐採木の下から現れたのは、虫ではなくマムシでした。生態写真を撮りはじめて出会ったマムシはこれで4頭目。多いのか少ないのかわかりませんが、噛まれれば命にかかわるので、用心に越したことはありません。さわらぬ神に祟りなしです。
1-DSC_0456wdn(Ku).jpgマムシ ‘17.10月中旬 東京都町田市

ちょくちょく行くいつもの多摩川河川敷に、今年になってこんな立て看板が出現しました。東京では増加傾向なんでしょうか。ここでも用心、用心。ゴム長はかかせませんね。
DSC_0056wtn(I).jpg
東京都狛江市



  1. 2017/11/29(水) 18:11:28|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな虫が好き ・・・クロオビケシマキムシ

久々目にしたクロオビケシマキムシ。マキムシとしては大柄(と言っても3mm弱)で、しかも斑紋があるので、絵的にもうれしい微小甲虫です。こんな虫が好きなんですよ、わたし。
DSC_0125wdn(Ku).jpg

DSC_0132wdn(Ku).jpg

DSC_0164wdn(Ku).jpgクロオビケシマキムシ(ヒメマキムシ科) ’17.10月上旬 東京都狛江市



  1. 2017/11/19(日) 18:04:11|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

捨てる神あれば拾う神あり ・・・ヨシブエナガキクイムシ?

クヌギの老木をしげしげと眺めていたら、樹液で黒く変色した樹幹に、琥珀色したナガキクイムシを見つけました。この虫も私は縁が薄く、昨シーズンだったか、絶好のチャンスを自らフイにした悲しい思い出のある微小甲虫なのです。

通常材に穿孔したまま外へ出ることがほとんどなく(と思っている)、個体数の割には撮影対象になりにくい虫ですが、その虫が外にいたのですからこれはまたとないチャンスです。ところがぎっちょん、しこたまシャッターは切ったはずなのに、まともな写真が一枚も撮れていないという悲しい現実に直面。大いにうなだれる虫撮りジジイ。が、しか~し、今回はちょっと違いました。捨てる神あれば拾う神ありです。

そこからほど近い伐採木に、多分同じ種と思われるナガキイムシがいたんですよ。興味のない人には全くどうでもいいような小さな虫ですが、私にとっては値千金。という訳で、ネット上の画像などを比較検討した結果、ヨシブエナガキイムシが一番近いかな、という感触なので、ここは一応?付きでヨシブエナガキイムシとしました。あしからず。間違っていたら平にご容赦です。

1-DSC_1053wd(On).jpg

DSC_1010wd(On).jpgヨシブエナガキクイムシ?(ナガキクイムシ科) ’17.10月初旬 東京都町田市

ところで、種名の「ヨシブエ」って何でしょう。「ヨシブエ」で検索すると「よし笛」が多くヒットしますが、これじゃないですよね。よくわかりません。



  1. 2017/11/16(木) 18:33:45|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ