甲虫三昧

くすんだ緑 ・・・ヒメヒラタタマムシ♀

場所によっては路傍の草花に、この小さなタマムシが多数吸蜜に訪れる、なんて話がまことしやかに伝わってくるのですが、ホントでしょうか。ホントなら一度は見てみたいものです。雌雄で体色に差があり、オスはきれいな緑、メスは写真のようなくすんだ緑なんだそうです。ご近所のネズミモチの花で、1~2度見ているので、世田谷にも生息していそうですが、見る機会は限られます。ホストはアカマツなど。写真の個体は東京の西のはずれで撮影したもので、世田谷産ではありません。
DSC_0558wkn(Mi).jpg

DSC_0642wdn(Mi).jpgヒメヒラタタマムシ♀ ‘17.7月上旬 東京都檜原村



  1. 2017/08/11(金) 20:13:49|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あ~、キミか ・・・ルリオオキノコ

たまにしか来ないフィールドだから、たまには違った顔つきのキノコムシを、なんて思いますが、なかなか希望通りにはいきません。古い伐採木に現れたのは毎度お馴染みのルリオオキノコ。あ~、キミか、などと言う前に、折角出て来てくれたのですから、カメラを向けないわけにはいきません。
DSC_0325wdn(Hn).jpg

DSC_0340wdn(Hn).jpgルリオオキノコ ‘17.7月上旬 東京都檜原村



  1. 2017/08/10(木) 18:25:26|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒゲナガハムシ亜科を少々

見ているようで案外見ていないアトボシハムシ。アトボシ二つにもう一つ星を付けた個体もいます。つまりフタボシとミツボシがいるという訳です。ホストはアマチャヅルやカラスウリなど。つまりどこにでもいそうなハムシですが、多いなぁ、と感じる程個体数は多くありません。
DSC_0090wdn(T).jpg

DSC_0434wdn(T).jpgアトボシハムシ ‘17.5月下旬 東京都八王子市

ウリとクロウリが、カボチャの花で仲良く食事中だったので、思わずシャッターを切ってしまいました。え~と、ただそれだけの写真です。
DSC_0606wtn(Ku).jpg
ウリハムシ+クロウリハムシ ‘17.7月初旬 東京都町田市

ウリとクロウリを出したら、モドキも出さない訳にはいきませんよね。体色にバリエーションがあり、クロウリみたいな配色の個体もいます。
DSC_0831wdn(Ku)_20170808210453b5a.jpg

DSC_0908wdn(Ku).jpgウリハムシモドキ ‘17.7月初旬 東京都町田市

保育社の甲虫図鑑に記載されている標本写真とは、似ても似つかぬモンキアシナガハムシ。ネット上でも図鑑通りの画像はほんの少しか見出せません。巷で見る本種は、写真のような上翅端が黄色のものがほとんど。たまに上翅全部真っ黒、なんてのもいますが、数的には異端のようです。
1-DSC_0271wdn(Ku).jpg

2-DSC_1029wdn(Ku).jpg

DSC_0167wdn(Ku).jpgモンキアシナガハムシ ‘17.7月初旬 東京都町田市



  1. 2017/08/08(火) 21:10:30|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョッキリ2題

グミがあれば取りあえずいそうな感じのするグミチョッキリ。普段は葉影に潜んで、じっとしていることが多いようです。警戒心が強く、ちょっとした振動でもポロポロ落ちます。手のかかるチョッキリですが、個体数がそこそこなので、数をこなせばそのうち何とかなるというのが私の付き合い方です。
1-DSC_0306wdn(I).jpg

2-DSC_0315wdn(I)_20170807184450341.jpg

DSC_0200wtn(I).jpg
グミチョッキリ ’17.6月中旬 東京都狛江市

巷では沢山いるよ的な印象がないではありませんが、私の場合、過去を振り返っても、数度の出会いしかありません。そんなチョッキリが作業路沿いの灌木にいました。チョッキリにも目のない私のこと、しかも出会いの少ないチョッキリです。撮る前にロストしたらそれこそ大変。そんでもって撮れた写真がこれ。可もなく不可もなく、と言ったところですが、まずは撮れてよかったねのクチナガチョッキリです。
1-DSC_0568wdn(Ku).jpg

DSC_0555wdn(Ku).jpgクチナガチョッキリ ‘17.7月初旬 東京都町田市



  1. 2017/08/07(月) 18:48:11|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒い点 ・・・微小ヒゲナガゾウムシ

ツツジの生垣をジロジロしていたら、小さな黒い点が視野に入ってきました。虫眼になると、視野に入ったモノが、虫かそうでないか瞬時に判別出来る時ってありますよね。この時がまさにそれ。2~3mmの微小甲虫でしたが、目に入った瞬間「おっ、ヒゲナガ」となる訳です。でもって正体ですが、これがわからない。図鑑の解説から一瞬ムモンチビヒゲナガゾウムシかなとなりましたが、触角の長さとフォルムが合いません。ということで結論はヒゲナガゾウムシの一種でケリです。折角撮ったのに正体がわからないってやっぱりちょっと不満です。
DSC_1283wdn(S).jpg

DSC_1303wdn(S).jpgヒゲナガゾウムシの一種 ⇒クロヒメヒゲナガゾウムシ ‘17.6月中旬 東京都世田谷区

南大沢の自然」の秀さんよりクロヒメヒゲナガゾウムシではないかとのコメントをいただきました。検証の結果ビンゴと判断しましたので、種名を訂正致しました。秀さんありがとうございました。



  1. 2017/08/05(土) 21:35:11|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ