甲虫三昧

好きなコメツキ ・・・ニホンベニコメツキ+1

このコメツキらしからぬこのフォルムが好きです。多くのコメツキがこのラインだったら、もっと好きになっていたはずなんですけど、クシコメツキに代表されるあの手がダメなんですね、きっと。くどいようすが・・・。ところでこのコメツキですが、よく似たミヤマベニコメツキとは、前胸背の形状で区別します。ベニは縦溝のみ、ミヤマは縦横に溝があるので、イッパツツモですね、麻雀はよくわかりませんが、なんかそんな感じです。
1-DSC_0585wdn.jpg

2-DSC_0603wdn(T).jpgニホンベニコメツキ ’17.5月中旬 東京都八王子市

遊歩道の敷石にいたアカヒゲヒラタコメツキ。上のコメツキと同じ日に撮ったので便乗UPです。前胸背の後角が、外側へ大きく張り出しているところはなかなかステキです。
DSC_0459wkn(T).jpgアカヒゲヒラタコメツキ ’17.5月中旬 東京都八王子市



  1. 2017/06/19(月) 18:04:18|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれ~ ・・・クワナガタマムシ

前日は雨、濡れた桑の葉にクワナガタマが一頭。撮影しようと葉をつかんだ拍子に、コロンと転がり雨だれの一つに掴まってしまいました。背中に貼りついた雨だれはどんなにもがいても放してくれません。虫の世界もいろいろなことが起こります。

あれ~
DSC_0286wdn(T).jpg

だれか~
DSC_0304wdn(T).jpg

レスキュー後の写真。何となくホッとした表情に見えませんこと?
DSC_0325wdn(T).jpgクワナガタマムシ ‘17.5月中旬 東京都八王子市



  1. 2017/06/18(日) 18:08:45|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リベンジ成り? ・・・ツノクモゾウムシ

前回撮影時は天候の影響もあって、満足のいく撮影が出来なかったツノクモゾウムシ。今回、リベンジを狙って同じフィールドへやって来ました。前回に比べ個体数は少し減ったようですが、それでも5~6頭が同じ生垣のソダ上を走り回っていました。今回はメスをメインにカメラを向けます。結果はと言えば、取りあえず穴掘りと産卵の両方が撮れたので、よろしいんじゃないですかと、熟年虫好きはそう申しておりますが、写真の出来については明言を避けておるようです。

取りあえずペア
1-DSC_0232wdn(T).jpg

雌雄不明
2-DSC_0243wdn(T).jpg

穴掘り中
3-DSC_0442wdn(T).jpg

産卵中
DSC_0281wdn(T).jpgツノクモゾウムシ♀ ‘17.5月中旬 東京都八王子市



  1. 2017/06/17(土) 16:56:07|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頂き物 ・・・ルリとリンゴ

仲良くしていただいている植木屋さんからの頂き物です。捕獲場所は世田谷の宇奈根。ルリはちょうど羽化時期と重なったようで、ウシャウジャいたとのことです。新築家屋やマンションの生垣に、ベニカナメモチがふんだんに使われるようになってから、個体数が飛躍的に伸びた感があります。今や東京の住宅地で、ふつうに見られるカミキリは本種が筆頭、なんてことになっているのかもしれません。リンゴはサクラやリンゴなどバラ科をホストとするので、東京近郊でも見る機会はままあるようです。
1-DSC_1021wkn(S).jpg

DSC_0001wkn(S).jpgルリカミキリ ‘17.5月下旬 東京都世田谷区

1-DSC_1131wdn(S).jpg

DSC_1084wkn(S).jpgリンゴカミキリ ‘17.5月下旬 東京都世田谷区



  1. 2017/06/16(金) 20:08:45|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大物 ・・・ハラグロオオテントウ

この日のハイライトはこの大きなテントウムシ。残念ながら私が見つけたのではなく、同行のIさんが「大物、大物」と言って持って来てくれたハラグロオオテントウです。オオテントウというだけあって巨大です。カメノコテントウとどっこいどっこいか、少し大きいくらいでしょうか。テントウムシの概念を越えた大きさです。適当な葉に乗せ撮影しようとしますが、すぐに飛ぼうとして手におえません。仕方なく地面に落とし、右往左往する姿をカメラで追います。その間、何度も離陸を試みますが、すぐに落ちて最初からやり直し。同行者と私の3人が、ぐるりと取り囲んで注視しているせいかもしれません。いい加減撮影したところで、ようよう重たげな羽音を響かせ、空高く舞い上がっていきました。西に多いテントウムシと思っていましたので、うれしい出会いでした。Iさんありがとうございました。いい虫をまたお願いしますね。
DSC_0378wdn(Ku).jpg

DSC_0385wdn(Ku).jpg

離陸
DSC_0386wk(Ku).jpg

また戻って来ました
DSC_0390wdn(Ku)_20170615184039571.jpgハラグロオオテントウ ‘17.5月上旬 東京都町田市



  1. 2017/06/15(木) 18:28:51|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ